実測面積

読み方: じっそくめんせき
分類: 不動産|面積

実測面積は、登記簿上の地積(登記簿面積)ではなく、実際の測量に基づいて算出された土地の面積のことをいいます。また、土地の売買契約において、取引価額を実測面積によって確定することを「実測売買」と言います。

一般に実測面積は、登記簿面積の表示が実際と異なる場合や、造成後の土地で売買契約後の確定測量によって初めて面積が明らかになる場合などによく利用されており、通常、宅地取引などにおいて、後々のトラブルを回避するには実測売買が適しています。