敷金

読み方: しききん
分類: 不動産|慣行

敷金は、不動産(特に家屋)の賃貸借に際し、賃料その他賃貸借契約上の債務担保するために、賃借人(借主)が賃貸人(貸主)に交付する(預ける)金銭のことをいいます。これは、賃料の不払いや未払いに対する担保、契約により借主が負担すべき修繕費用や原状回復費用の前払いを目的としたもので、通常、契約が終了した場合、賃料の不払いや退去時の原状回復などの必要がなければ返還されます。(借人は賃貸契約中に、敷金を不払賃料に充当させることはできない)

なお、敷金には利息が付与されず、また建物等の所有権(貸主の地位)が移転した時は、新所有者に引き継がれます。