ツーバイフォー工法(2×4工法)

読み方: つーばいふぉーこうほう
分類: 不動産|建築工法

ツーバイフォー工法(2×4工法)は、「枠組壁工法」とも呼ばれ、木造建築物の工法の一つで、角材の枠に構造用合板を張ったパネルを組み立てて建物を作る工法のことをいいます。これは、北米で生まれた建築工法で、2インチ×4インチの角材による枠と、構造用合板を組み合わせたパネルを面として、・天井の六面体を構成するもので、また躯体はその六面全体で支えられるため、のない広い空間を確保でき、耐久性や耐震性、断熱性、気密性にも優れているのが特徴となっています。その一方で、開口部を大きくしたり、増築改築が難しいなどの制約もあります。

一般にツーバイフォー工法は、施工が簡単で、工期も比較的短く、日本の戸建て住宅でもよく用いられています。また、2インチ×6インチの角材を多用した場合は、特に「ツーバイシックス工法」と呼ぶこともあります。ちなみに、インチ(inch)とは、ヤード・ポンド法の長さの単位で、1インチ=2.54cmとなっています。