給水分担金

読み方: きゅうすいぶんたんきん
分類: 不動産|コスト

給水分担金は、「水道負担金」とも呼ばれ、水道の利用申込に際して、自治体(水道局)に納付しなければならない費用のことをいいます。これは、分譲地や建売住宅別荘などで、公共の上水道本管から対象になる区画の前面道路まで水道管を引くためにかかるもので、既に引き込み済みの場合でも購入時に割り当てられることがあります。

一般に給水分担金は、水道施設の整備・拡張や安定した水の供給、および現在水道を使用している人との負担の公平を図るために徴収されるものですが、その内容(制度)は自治体によって大きく異なります。また、東京23区など制度自体がないところもあります。通常、その金額は自治体毎に水道メーターの口径によって決まっており、十数万円が多いですが、中には数十万円のケースもあります(水道代も自治体によって異なる)。

なお、不動産広告には、基本的に給水分担金を含んだ金額が物件の販売価格として表示されることになっていますが、実際にはそれが守られていないこともあるのでご注意ください。