ATM

読み方: えーてぃーえむ
分類: 機械・機器

ATMは、金融業界においては、預金用語の「Automated Teller Machine(オートマチック・テラー・マシーン)」の略、またはデリバティブ用語の「At the money(アット・ザ・マネー)」の略として用いられています。

日常的には、「お金を出し入れする機械」という意味で認識されている方が多いのではないでしょうか?

ATM(現金自動預け払い機)

ATMは、"Automated Teller Machine"の略で、「現金自動預け払い機」とも呼ばれ、金融機関消費者金融会社などが現金の入出金などのサービスを顧客(利用者)に提供する機械をいいます。これは、利用者が自分自身で専用のカードを差し込んだ後、暗証番号を入力し、設置されている専用端末(パネル)を操作して各種サービスを受けるという仕組みになっています。

一般にATMの形態や機能については、提供する金融機関等によって異なりますが、銀行信金信組労金農協などの場合、端末に紙幣(及び硬貨)や通帳、カードなどの受入口や支払口を備えており、簡単な操作で現金の入出金や残高照会振り替え振り込み通帳記帳ローンの返済、暗証番号の変更などができるようになっています。

現在、ATMは、金融機関などの本支店や店舗外(専門コーナー)、コンビニ、郵便局などに設置されており、日常生活を送る上で一つの社会インフラとなっています(利用時間帯はそれぞれ異なる)。また、現金の引出しと残高照会のみを扱う専用端末は、「CD(現金自動支払い機)」と呼ばれ、区別されています。

ちなみに、ATMを製造するメーカーには、富士通フロンテック、沖電気工業、日本ATM、日立オムロンターミナルソリューションズなどがあります。

ATM(アット・ザ・マネー)

ATMは、"At the money"の略で、オプションにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態をいいます。これは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態を指します。

また、本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことで、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、このオプションからどのくらいの利益が発生するかを表しています。

一般にATMは、権利行使価格(行使価格)と原資産価格(市場価格)との関係において、オプション取引の買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」であり、すなわち、コール・オプション、プット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。

例えば、行使価格100円のコール・オプションを持っていたとすると、市場価格が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況では権利行使をすることはありません。

・コールオプションの場合:原資産価格=権利行使価格
・プットオプションの場合:原資産価格=権利行使価格