ダイレクトバンキング

読み方: だいれくとばんきんぐ
分類: 預金|取引

ダイレクトバンキングは、銀行信託銀行信用金庫信用組合労働金庫、JAバンクなどの金融機関の顧客(個人、法人)が店舗に出向かなくても、各種取引や各種手続、各種相談等が電話やインターネットなどから利用できるサービスをいいます。これは、コールセンターのオペレーターや自動音声サービスを通じたテレホンバンキング、ネットを活用したインターネットバンキングモバイルバンキングなどを包括した概念で、金融大国のアメリカで店舗運営コストや人件費などの経費を節減できることから最初に定着し、日本ではバブル崩壊後の1997年頃から急速に普及し、今日では金融機関の主要な取引チャネルの一つとなっています。また、具体的なサービスについては、振り込み振り替え残高照会入出金明細照会、住所変更などの手続きから、定期預金外貨預金の作成、投資信託の購入、住宅ローンや資産運用の相談まで幅広いサービスを受けられますが、実際の取引内容は金融機関によって結構異なっています。なお、利用手数料(基本手数料)については、無料にしているところがほとんどです。

一般にダイレクトバンキングは、顧客にとっては、混雑した店舗で待たされることもなく(自宅やオフィスから店舗へ足を運ぶ必要もなく)、いつでも利用でき(金融機関によっては24時間365日)、さらに各種手数料が店舗利用時よりも安くなるなどのメリットがあります。一方で、金融機関にとっては、日常的な利便性が顧客満足度(CS)の向上に貢献するほか、距離や時間的都合で来店が難しい顧客層からも新規客(ダイレクトバンクで取引を行う顧客)を獲得できる可能性があり、マーケティング上の利点も大きく、さらにダイレクト取引による収益面の貢献も大きくなってきています。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

楽天市場は、ネットショッピングの定番。楽天カードは、年会費が永年無料で、カード会員には楽天市場や街中の加盟店でポイントが貯まり、お得な特典も数多く用意されています。