自振

読み方: じふり
分類: 預金|取引

自振は、「口座自動振替」の略で、銀行信用金庫信用組合労働金庫、農業協同組合などの金融機関預金貯金)口座から、毎月の公共料金(電気料金、ガス料金、水道料金、電話料金他)やクレジットカードなどの支払いを自動引落しするサービスをいいます。これは、身近な決済手段の一つで、利用の際には所定の用紙(預金口座振替依頼書等)に記入の上、それを支払先またはクレジットカード会社信販会社・ファクタリング会社等の収納代行会社の事務センターなどへ送付する必要があります。また、電気・ガス・水道などの公共料金については、金融機関が用意している申込用紙(口座振替依頼書)に記入するだけで申込が完了します。

一般に自振は、個人と法人の両方が利用でき、その仕組みは利用者と請求者との間の契約に基づくもので、また料金(支払い)の引落口座は普通預金または当座預金のみとなっています。なお、日常的な利用にあたっては、口座振替日(引落し日)に十分な預金残高があるようにしっかりと管理しておくことが必要です。

自振の身近なもの

・公共料金(電気、ガス、水道、電話、NHK等)
・社会保険料(国民健康保険料、国民年金保険料等)
・税金(所得税、住民税、自動車税等)
・クレジットカードの支払い
・新聞や雑誌の定期購読
・ネット料金(プロバイダー、ドメイン、サーバー)

口座振替依頼書の項目例

・名前、住所、電話番号
・金融機関名、支店名、金融機関コード支店コード
・預金種目、口座番号
・口座名義人、お届け印(金融機関届出印)

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

楽天市場は、ネットショッピングの定番。楽天カードは、年会費が永年無料で、カード会員には楽天市場や街中の加盟店でポイントが貯まり、お得な特典も数多く用意されています。