偽造カード

読み方: ぎぞうかーど
英語名: Counterfeit card
分類: 預金|金融犯罪

偽造カードは、カード情報がスキミングフィッシングなどの不法な手段で入手され、不正に作成されたカードの総称をいいます。これは、盗まれたカード情報を基に偽造・変造され、不正に使われる「偽造クレジットカード」と「偽造キャッシュカード」のことを指します。通常、元のカードは、被害者の手元に残る(ある)ため、クレジットカードでは不正に使用されて、またキャッシュカードでは預金が不正に引き出されて、初めて被害に気づくことが多いです。

2006年2月に施行された「偽造・盗難カード預金者保護法」では、普段からキャッシュカードや暗証番号の管理をしっかりと行なっていれば、万が一、キャッシュカードが偽造されたり盗難されたりして預金等を引出されても、その損害は金融機関が負担し、預金者が負担を負うことはないとされています。ただし、預金者に対して、これらの管理上の過失または重大な過失がある場合には、補償額が25%減額されて75%となったり、補償額が0%となったりする(補償が全く受けられない)場合もあるので注意が必要です。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

楽天市場は、ネットショッピングの定番。楽天カードは、年会費が永年無料で、カード会員には楽天市場や街中の加盟店でポイントが貯まり、お得な特典も数多く用意されています。