目先観

読み方: めさきかん
分類: 視点

目先観は、通常は1カ月以内の短期的な相場見通しのことをいいます。これに対して、3カ月程度ならば「中勢観」、6カ月以上ならば「大勢観」と言います。また、目先とは、すぐ目の前やごく近い将来の相場の行方のことを意味し、また短期的な相場の動きを利用して利鞘を稼ごうとする投資家を「目先筋」と言います。

一般に資産運用において、継続的に成功するためには、「中長期の相場観」を持っておくことが大切であり、現在の相場(マーケット)が上昇トレンドにあるのか、下降トレンドにあるのかをしっかりと掴んでおくことが基本となっています。

・目先観:1カ月以内の相場見通し
・中勢観:1~3カ月程度の相場見通し
・大勢観:6カ月以上(長期)の相場見通し

※中勢観を3カ月ではなく6カ月程度とする場合もあり