頭打ち

読み方: あたまうち
分類: 値動き

頭打ちは、マーケット(市場)において、相場が伸びる力(上昇力)が鈍り、伸び悩んできた状態のことをいいます。これには、上昇途上で揉み合い(もみあい)に入った場合と、相場が大天井をつけた場合とがあります。

なお、本用語は、日常的には、物事が一定の水準に達し、それ以上には伸びなくなることを意味します。

<本用語の使用例>

・日米ともに株価の頭打ち感が強い
・ロンドン市場はドル円、クロス円とも頭打ち傾向
・成長が続いてきたデジタル家電市場の頭打ちが鮮明になった