日柄整理

読み方: ひがらせいり
分類: 商い

日柄整理は、主に株式や商品先物などで使われる用語で、ある程度時間をかけて取引の整理が進められることをいいます。これは、相場が大きく動いて、買い方は買って売り方は売ってしまった状態から、新たな展開となるには、ある程度の日数をかけて買い方・売り方ともに決済が進むことが必要となり、その決済が進む過程のことをいいます。

例えば、株式の信用取引では、買い残高が増加して動きが鈍くなると「この銘柄は日柄整理が必要だ」とか、買い残高が縮小してくると「この銘柄は日柄整理が進んだ」などと言われます。

<本用語の使用例>

・500円を挟んだもみあいで日柄整理が進めば、7月頃にも上値がありそうだ
・10日の直近安値で底打ちした可能性が高くなったが、本格的な戻りについては、もう少し日柄整理が必要といえる