仕手筋(仕手)

読み方: してすじ
分類: 参加者

仕手筋は、「仕手」とも呼ばれ、主に人為的に作った相場で短期間に大きな利益を得ることを目的に、マーケット(市場)で大量に投機的売買を行う者をいいます。これは、主に株式や商品先物などで使われる用語で、市況ニュース(記事)などでもたまに目にし、また「仕手」という言葉は「能のシテ方(主役)」に由来するとされます。ちなみに、市場で仕手に関する表現には、仕手株仕手戦、仕手崩れ、仕手関係、仕手相場などもあります。

一般に株式市場で、ある銘柄で仕手筋が動くと、企業業績とは関係なく株価が急変動します。この場合、仕手筋以外の投資家の投機資金を巻き込みながら、一定の期間をかけて急騰急落を繰り返しますが、最終的には企業業績に見合った株価の位置に戻っていくことが多いようです。