3分の1押し

読み方: さんぶんのいちおし
分類: 値動き

3分の1押し(1/3押し)は、マーケット全般で使われる用語で、上昇を続けていた相場が値下がりに転じ、これまでの上昇分の3分の1程度まで値下がりすることをいいます。例えば、株式において、1000円だった銘柄が600円値上がりして1600円になった場合、その後、200円値下がりして1400円になるケースなどが挙げられます。

一般に上昇局面にある時も、大きく値上がりした後は反動で下落に転じることが多く、1/3押しの水準を割ることがあれば、もう一段の下げの可能性があり、一方で、1/3押しの水準で踏み留まれば、再び上げに転じる可能性があります。なお、相場には、上昇した後、その上昇分に対して、3分の1、2分の1、3分の2あたりまで下落するという一つの経験則があります。