読み方: ぎょく
分類: 商い

玉(ぎょく)は、「建玉」とも呼ばれ、手持ちのポジションのことをいいます。これは、信用取引や先物・オプション取引、外国為替証拠金取引、CFD取引などにおいて、取引約定後に反対売買されずに残っている未決済分、もしくは未決済になっている契約総数のことをいい、また買付けとなっているものを「買い玉」、売付けとなっているものを「売り玉」と言います。

ちなみに、その由来(語源)は、投資の世界において、昔の米相場の頃からプロ(相場師)が使っていたものの名残りだそうです。