メルトアップ

英語名: Meltup
分類: 外来語

メルトアップは、資産運用においては、ある資産クラスに突然買いが殺到し、想定外で劇的な価格上昇(パフォーマンスの改善)が生ずる現象をいいます。これは、株式市場では、ファンダメンタルズが特に変わらないのに、通常では考えられない理由で株式投資が盛んになって、劇的な株高が起こることを指します。また、メルトアップとは反対に、想定外で劇的な価格下落が生ずる現象を「メルトダウン」と言います。

一般にメルトアップは、何らかの要因によって、マーケットの需給バランスが著しく変化した場合に起こることがあり、この場合、ボラティリティ(価格変動率)が大きくなる傾向があります。なお、長期的な値上がり後のメルトアップでは、相場に乗り遅れまいとする投資家が殺到するなどして、上げ相場(強気相場)の最終局面になっている可能性があるので注意が必要です。

ちなみに、強気相場の最終局面では、マーケットが総じて強気になり、投資家は幸福感に浸っている状態となりますが、通常、これは長く続かず、逆にメルトダウンが起こる可能性が高まります。