金利敏感株

読み方: きんりびんかんかぶ
英語名: Interest rate sensitive stock
分類: 株式|区分

金利敏感株は、株価金利の変動や金融情勢の変化に敏感に反応する株式銘柄)のことをいいます。具体的には、電力・ガスなどの公益関連株、ノンバンクなどの金融関連株、多くの固定資産を持つ不動産株や電鉄株などが代表例として挙げられます。

一般に金利敏感株は、有利子負債が非常に大きいため、金利が低下した場合は支払利息が減って業績面でプラスとなり、好影響を受けやすい一方で、金利が上昇した場合は支払利息が増えて業績面でマイナスとなり、悪影響を受けやすい傾向があります。また、超低金利を背景に、余剰資金の投資先として相対的に魅力が増した株式が選ばれることによる相場上昇である「金融相場」においては、金利敏感株が値動きを伴って「上げ相場」を形成することがあります。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

IG証券は、ロンドンに本拠地を構える、グローバル金融サービスプロバイダーIGグループの日本拠点です。