金融相場

読み方: きんゆうそうば
分類: 株式|相場

金融相場は、株式市場において、金利低下(金融緩和)やカネ余りなどで、株式の投資対象としての魅力が上がったことを好感して株価が上昇する相場をいいます。これは、低金利を背景に、余剰資金(行き場のなくなった資金)の投資先として、相対的に魅力が増した株式が選ばれることによる相場上昇であり、「不景気の株高」を生むことになります。

一般に株価上昇の背景(原因)から相場を分類した場合、「金融相場」と「業績相場」の2つに大きく分けられれ、後者は、金利等の要因よりも、企業業績の好転や拡大に伴って株価が上昇する局面をいいます。通常、景気が下降すると相場は低迷しますが、景気対策として金融緩和などが行わると"カネ余り状態"となり、景気はまだ回復しなくても、余剰資金が株式市場に流れて株価が上昇する「金融相場」となります。その後、景気対策が奏功して、実際に景気回復の兆しが見えると、「業績相場」に移行することになります。