レッドチップ

英語名: Red chip
分類: 銘柄(通称)

レッドチップは、「香港レッドチップ株」とも呼ばれ、香港市場に上場されている中国企業の株式のうち、資本は中国ですが、登記が香港の企業をいいます。これは、代表的な中国株式の一つで、香港ドルによって売買されており、中国本土以外の投資家も投資が可能となっています。また、その呼称については、米国等の優良企業のブルーチップに対して、中国共産党を象徴する色が赤(レッド)であることに由来します。

1984年に香港が中国に返還されること(1997年に英国から租借地と割譲地域の主権移譲及び譲渡)が決定したことで、香港が共産主義の影響を受けて経済活動が停滞するのではないかという不安が広がり、外国資本が香港を避ける傾向が出てきました。そうした動きに対して、中国政府は香港が活力を失わないようにするために、香港市場への本土企業の上場促進策を採用したことにより生まれたのが「レッドチップ」です。

なお、レッドチップの概念は非常に曖昧ですが、「レッドチップ指数」を提供するHSIサービス社のスタンダードな定義は以下のようになっています。

<HSIサービス社のレッドチップの定義>

・経営:本土の中央あるいは地方政府が経営に参画している
・資本:本土資本がその出資金の35%以上を占めている
・登記:香港(およびその他の地域)に登記している