新規上場株式/新規公開株式

読み方: しんきじょうじょうかぶしき
分類: 株式区分

新規上場株式は、「新規公開株式」とも呼ばれ、新たに証券取引所に上場する株式の総称をいいます。これは、未上場会社が株式市場(証券市場)への上場に際して、証券会社を通じて株式が売り出されるもので、「公募」と「売出し」の2つの方式があります。

一般に公募の場合は、新規に株式を発行して証券市場から新たに資金を調達する(新規に発行する株式の買い手を募る)のに対して、売出しの場合は、既存の株主が保有株式を放出する形となっています。

新規上場株式の基本的な仕組み

現在、新規上場株式の価格決定は、ブックビルディング方式が主流となっており、新規上場に伴う公募や売出しに際して、引受証券会社が一定の幅を持った「仮の発行条件」を提示し、需要申告期間(ブックビルディング期間)に投資家の需要を調査した上で、上場価格が決定されます。また、需要の申請が多い場合は、オーバーアロットメントと呼ばれる追加的な売り出し枠が設けられるケースもあります。

<新規上場株式取得までの流れ(一例)>

1.銘柄情報や目論見書などの確認
2.ブックビルディングへの参加(需要申告)
3.募集・売出し価格等の確認
4.抽選結果の確認(外れる場合もあり)
5.購入の申し込み

新規上場株式の主な特徴

新規上場株式は、購入(投資)にあたって、以下のような特徴があります。

・成長途上の新興企業に対して、市場で最初に投資できる機会である
・上場(公開)直後は値動きが軽く、比較的短期の値上り益を期待できる場合もある
・投資対象の銘柄をよくチェックしないと、上場直後が一番高く、その後はジリ貧となって下落していくものもあり、損失を被ることになる