大商い株

読み方: おおあきないかぶ
分類: 株式|区分

大商い株は、株式市場において、1日の株式の売買が頻繁に行われ、相場全体の中でも「一際活況を呈した株(銘柄)」のことをいいます。また、大商いとは、株式・債券・株価指数先物・商品先物などの取引所取引において、売買高出来高が大きいことをいいます。

一般に流動性の高い大型株などは、常に一定水準以上の商い(売買)があり、売買高や出来高の上位ランキングに来ることが多いです。一方で、大型株以外でも新規に材料が出た場合などは、普段と比べて商いが活発化し、売買高や出来高の上位ランキングに来て「大商い株」となり、その材料が消化されるまでしばらく人気化することがあります。