仮装売買

読み方: かそうばいばい
分類: 株式|不公正取引

仮装売買は、取引所において、相場操縦の方法として行われる見せかけの売買のことをいいます。これは、株式市場では、特定の株式等の売買状況に関し、第三者に誤解を生じさせる目的(騙す意図)をもって、同一人物が、同時期に、同価格で、売りと買いの注文を行う、権利の移転を目的としない売買(株価操作)のことを指します(具体的には、板情報で売買の注文状況を操作)。また、同一人物ではなく、売主と買主が共謀して行う、同様の売買のことを「馴合売買」と言います。

一般に仮想売買は、自由でオープンな証券市場において、人為的な操作を行い、公正な価格形成を阻害し、多くの投資家に不測の損害をもたらすことになるため、金融商品取引法で不公正な取引行為として禁止され、また発覚すると刑事罰と共に、損害賠償の責任も負います。