板寄せ

読み方: いたよせ
分類: 株式|株式市場

板寄せは、「板寄せ売買」の略で、証券取引所において、株式約定値段(売買成立)の決定方法の一つで、売呼値買呼値を一度に付き合せ、価格優先の原則に従って、最も多く約定する値段(価格)を決めることをいいます。これは、約定値段が決まる前の売買注文(呼値)を(注文の控え)に記載し、価格優先の原則に従って、成行注文を優先させた後、安い売り注文と高い買い注文から対当させ、売りと買いの数量が合致した時に、それを約定値段として売買を成立させるというものです。

一般に板寄せの仕組みは、前場後場始値や、売買が中断された銘柄の売買が再開された最初の価格などを決定する際に使われます。なお、本用語は、売り注文が多かったり、買い注文が多かったりして、売買が中断されている状況のことを言う場合もあります。