オファリング・レシオ

英語名: Offering ratio(OR)
分類: 株式|IPO

オファリング・レシオは、企業が新規公開(IPO)する際に、発行済株式数のどの程度を市場に放出するかを示す指標をいいます。これは、売出しや公募、オーバーアロットメントも含めたトータルの株式数が発行済株式数全体の何%(上場した際に企業の発行済株式数全体の内、IPOで一般投資家に渡った株数が何%)であるかを示す「ファイナンス規模」や「流動性」の指標で、過去の経験則では、20~30%の場合が上場後の株価への影響が中立的と言われています。また、20%近辺からそれ以下では「レア度」が高く、逆に30%を超えてくると「要注意」と言われています。(例えば、上場をゴールとしたエグジット案件では、このパーセンテージが異常に高いので注意)

一般にオファリング・レシオは、IPOを成功させるための一つの重要なファクターとなっており、これが低ければ、レア度が高くプレミアムにつながりやすいため、株価は上場後に急騰する可能性があります。一方で、これが高ければ、放出した株が市場で十分に消化できず、公募価格を割り込む初値となる可能性があります。なお、本指標を利用する際には、上場前の既存株主(創業者やベンチャーキャピタルなど)の動向にも注意を払い、ロックアップの有無や期間は事前に確認するようにしましょう。