半値八掛け二割引

読み方: はんねはちがけにわりびき
分類: 格言

半値八掛け二割引は、主に株式相場で使われる格言で、相場天井を付けて下落局面に入った時に、の水準を判断する目安とされる値段をいいます。これは、高値の半値を八掛けして、さらに二割引した価格、すなわち「高値の32%(100×0.5×0.8×0.8)」が下げ止まりの目処になるという意味ですが、特に根拠がある訳ではありません。ただし、相場の下げは思っている以上に大きいという意味は、参考にしてもよいかと思います。

ちなみに、「半値八掛け二割引」の語源は、その昔、大阪の薬問屋や繊維問屋などの商人の間で、品物が売れない時の値引きの目安にされていたと言われており、その語呂の良さなどから相場でも使われようになったそうです。