アブダビ投資庁(ADIA)

読み方: あぶだびとうしちょう
英語名: Abu Dhabi Investment Authority (ADIA)
分類: 政府系ファンド|中東

アブダビ投資庁(ADIA)は、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ首長国政府が1977年2月に設立した、アブダビ首長国政府100%出資の石油収入などの運用を行う政府系投資機関をいいます。これは、アブダビ首長国の財政健全化を図る一方で、天然資源の枯渇に備え、将来世代のために金融資産の保全と有効活用を目的に運用しているほか、アブダビ財務庁から政府収入の内の余剰分も配分されて運用しています。

現在、アブダビ投資庁は、世界最大級の政府系ファンド(SWF)の一つで、先進国や新興国などで活発に投資活動を行っており、その運用にあたっては、海外での投資を基本とし、アブダビ政府から直接的な干渉を受けない独自の投資戦略を有しています。具体的には、外部の運用会社のファンドマネージャーに委託したポートフォリオ投資が過半を占め、株式債券だけでなく、ヘッジファンド不動産などにも幅広く投資をしています。(株式については、短期の売買で利鞘を稼ぐのではなく、世界で通用する高い技術力を有する企業等に長期にわたって株式を保有する一方で、投資先への経営には基本的に干渉しない)

なお、アブダビ首長国とは、アラブ首長国連邦(UAE)を構成する首長国の中で最大の面積・人口・収入を有し、広大な国土(連邦全体の約80%)に埋蔵された豊富な石油資源によって、UAEの政治や経済を支える実質的なリーダー国となっています。