カタール投資庁(QIA)

読み方: かたーるとうしちょう
英語名: Qatar Investment Authority(QIA)
分類: 政府系ファンド|中東

カタール投資庁(QIA)は、中東のカタール国の政府系投資機関をいいます。これは、豊富な石油と天然ガスからの収入による潤沢な資金を運用するために2005年に設立され、現在、ドーハに本拠を置き、カタール経済の強化を目的に国際投資活動を行っています。

一般にカタール投資庁は長期投資が基本ですが、一方で積極的な投資活動でも知られており、大株主となっている有名な投資先には、大手自動車会社のフォルクスワーゲンや大手金融機関のクレディ・スイス、大手資源商社のグレンコア、ヒースロー空港運営会社などがあります。また、合弁会社等を設立して、海外の不動産投資にも力を入れています。