国富ファンド/国家ファンド

読み方: こくふふぁんど
英語名: Sovereign Wealth Funds
分類: 政府系ファンド|概念

国富ファンド(国家ファンド)は、「政府系ファンド」や「ソブリン・ウェルス・ファンド」とも呼ばれ、各国の政府が出資する政府系投資機関が運営するファンドをいいます。これは、豊富な天然資源(石油・ガス等)による収入や貿易黒字等で膨らんだ外貨準備などの国家資産を財源(原資)とし、将来の世代に向けた資金の蓄え、財政赤字が膨らんだ場合の埋め合わせ、対外債務の支払いといった目的で運用されています。

現在、国富ファンドに積極的な国には、アラブ首長国連邦やサウジアラビア、クウェート、カタール、中国、ロシア、シンガポール、マレーシア、ノルウェーなどがあり、その運用規模は非常に巨大なため、世界のマーケットで大きな影響を及ぼす存在になっています。また、運用姿勢については、株式不動産などのリスク資産に積極的に運用するタイプもあれば、短期債などの安全資産で安定的に運用するタイプもあり、国によって大きく異なります。

なお、実際の運用にあたっては、外部運用機関への委託や自己運用(内部ポートフォリオ運用)、直接投資などの手法が取られています。

国富ファンドの主な特徴

・外貨建て資産への分散投資(ポートフォリオ運用)を行う
・基本的に政府部門の外貨建ての余剰資金を原資とし、直接対応する負債が存在しない
・法律等によってファンドが設置され、経常的に流入する資金を運用する義務を負う
・国家予算とは別の勘定になっており、政府が出資する専門機関が実際の運用を行う
・運用実態については、国家機密であることが多く、運用ポートフォリオなどの開示はほとんど行われていない

国富ファンドの主な分類

●伝統的ポートフォリオ投資タイプ

インデックス対比の相対リターンを目標としており、戦略アロケーションで株式の比重が高いことを除くと、欧米の年金など伝統的な機関投資家と類似した投資手法となっている。

●長期絶対リターン追求タイプ

絶対リターンを追い求めることを目標としており、伝統的なポートフォリオ投資以外の様々な投資戦略や投資手法にもオープンであり、思い切った戦略的・戦術的な資産配分を行う投資手法となっている。

●プライベートエクイティタイプ

流動性の高い有価証券などへのポートフォリオ投資は行わず、多くは経営コントロールの取得などを前提とした企業への直接投資を行う投資手法となっている。この場合、自国の戦略産業の育成や発展と絡める場合も多い。