公平義務

読み方: こうへいぎむ
分類: 信託|義務・責任

公平義務は、信託において、受託者に対して課されている義務・責任の一つで、受託者は、受益者が複数の信託においては、受益者のために公平にその職務を遂行しなければならないというものです。これは、信託法の第33条(公平義務)で、「受益者が二人以上ある信託においては、受託者は、受益者のために公平にその職務を行わなければならない」と記されています。

なお、信託においては、受託者の義務のうち、最も基本的なものとして、善管注意義務忠実義務分別管理義務の3つがあります。