商事信託

読み方: しょうじしんたく
分類: 信託|分類

商事信託は、「営業信託」とも呼ばれ、信託の引き受けが営業としてなされることをいいます。これは、受託者が営業として引き受ける信託で、また「営業として」という意味は、収益または報酬を得る目的で継続的・反復的に引受けることとされています。

現在、日本で行われている信託は、大半が営利を目的とした「商事信託」となっています。また、改正信託業法では、信託業とは「信託の引受けを行う営業」と定義され、これを営む場合には内閣総理大臣の免許を受ける必要があります。

なお、商事信託に対して、受託者が営業としてではなく引き受ける信託を「民事信託非営業信託)」と言います。