資産流動化型信託

読み方: しさんりゅうどうかがたしんたく
分類: 信託|分類

資産流動化型信託は、資産運用型信託資産管理型信託と共に、信託の機能別分類の一つで、資産の流動化を図り、原資産保有者が資金調達を行うための信託のことをいいます。これは、企業や金融機関などの財務改善や資金調達の方法として利用されており、その代表的な商品には、売掛債権を流動化するための金銭債権の信託、企業が保有する不動産を流動化するための不動産の信託などがあります。

なお、信託協会が毎年公表する「信託の受託概況(信託の機能別分類に基づく計数)」によると、信託財産総額の中で一番残高が多いのは「資産管理型信託」となっています。