ブラジル通貨危機

読み方: ぶらじるつうかきき
英語名: Brazilian Crisis of 1998-1999
分類: 国際情勢|金融危機

ブラジル通貨危機は、1998-1999年に発生した、ブラジル連邦共和国の通貨(ブラジルレアル)の暴落(大幅下落)のことをいいます。これは、1997年のアジア通貨危機、1998年のロシア危機によって、ブラジルの資本・金融市場も大きな影響を受け、経常赤字と財政赤字が拡大しているブラジルから外国資本(海外資金)の急激な流出が発生したことが背景(原因)としてあります。

1998年11月に国際通貨基金(IMF)米国は、その対策として、総額415億ドルに上るブラジル支援パッケージを決定しましたが、1999年1月6日にミナスジョライス州知事が90日間の対連邦債務の返済停止を通告したことを機に、海外投資家が一斉に資金を海外に逃避させ始め、それに対してブラジル政府はレアルを相次ぎ切下げ、1月15日にレアルの変動相場制への移行を正式に発表しました。(その後も下落が続いて、3月には1ドル=2.15レアルまで下げた)

当時、ブラジルの金融当局は、金利の引き上げや財政の緊縮策などの対策を行なっていましたが、他の新興国の通貨危機と同様、自国通貨の大幅な下落に対して、為替レートを目標相場圏の範囲内に維持する固定相場制に限界が生じ、短期間に追い込まれて変動相場制に移行することになりました。

なお、ブラジル通貨危機では、為替レートの切り下げや資金流出などで経済は一時的に大きく混乱し、深刻な景気後退やインフレの再燃、近隣諸国への通貨危機の伝播などが危惧される事態となりましたが、ブラジルのファンダメンタルズがアジア諸国ほど脆弱ではなかったため、その影響は比較的軽微で済み、短期間に順調な回復をすることになりました。