ブレグジットショック

英語名: Brexit shock
分類: 国際情勢|出来事

ブレグジットショック(Brexit shock)は、「英離脱ショック」や「英国ショック」とも呼ばれ、2016年6月24日に起こった、英国の欧州連合(EU)離脱決定による世界のマーケットの大波乱のことをいいます。これは、英国において、6月23日に実施された、EU離脱を問う国民投票の結果が多くの予想を覆して、離脱支持という衝撃的な結果となり、世界の外国為替市場や株式市場などに激震が走ったものです。

当時、予想外のEU離脱となった背景として、東欧諸国などからの英国への移民急増による問題や欧州連合(EU)への根強い不満などがありました。なお、EU離脱はないと自信を持って国民投票を実施したデヴィッド・キャメロン首相は、EU離脱決定後、辞意を表明し(7月13日に退任)、後任首相にテリーザ・メイ氏が選出されました。

※ブレグジット(Brexit):英国(Britain)+離脱(Exit)

ブレグジットショックの市場混乱

6月24日の世界の株式市場は、予想外の事態で大幅に下落し、その中でも東京株式市場は、日経平均株価が前日比で-1,286.33円(-7.92%)となるなど、2000年以降で最大の下げ幅となりました。また、外国為替市場では、ドル/円は1日で7円超動く(一時99円ちょうど)など大荒れし、他の通貨も大きく動きました(当事国の英ポンドは大暴落)。

ブレクジットショック後の予定

メイ首相は、離脱交渉にあたって、移民制限と共に、単一市場への参画維持を重視する考えを表明しています。

●2017年3月まで

英国がEU離脱の意思を欧州理事会に通知。
欧州理事会が離脱交渉の方針決定、英国と欧州委員会が交渉開始。

●2018年の通知以降

通知から2年間の期限で、欧州理事会が脱退協定で合意。