自動車保険の加入方法は?

自動車保険の加入(契約)方法には、「保険代理店を通すケース」と「保険会社と直接契約するケース」の2つがあります。かつては、保険代理店を通すケースが一般的でしたが、昨今では、自動車保険の多様化と共に、保険会社と直接契約するケースが増えています。その理由として、保険会社毎に商品やサービス、保険料に大きな違いが出ているため、必ずしも従来の保険契約がベターとは言えなくなってきたからです。

実際に保険の契約方法を変更するには、少し勇気(決断)が入りますが、大切なのは「適切な補償」と「リーズナブルな保険料」を実現することです。もし、今の保険契約がいまいちだと思うなら、契約方法を変えてみるのもよいのではないでしょうか?

保険代理店を通すケース

保険代理店には、「何の付加価値も提供できない所」と「何らかの付加価値を提供できる所」の2つがあります。

前者については、毎年同じ保険内容で更新連絡をしてくるだけで、何の付加価値もなく、手数料分だけ割高になるので、より適切な保険を見つけたら、保険会社と直接契約するのがよいでしょう。

一方で後者については、自動車ディーラーや修理工場が保険代理店で、車検費用や修理費用等で割引や利便性を提供してくれるなら、適切な補償が確保されている限り、そのままでもよいでしょう。また、保険の専業代理店を活用している場合、自動車保険以外にも生命保険医療保険などで総合的な提案をしてくれるなら、十分価値があるので、この場合もそのままでよいでしょう。

なお、自動車保険に強い代理店については、損害保険会社のプロ代理店からスタートした人や損害保険会社から独立した人など、そのバックグランドがどうであるかもチェックするようにしましょう。

保険会社と直接契約するケース

ダイレクト系保険会社では、インターネットやコールセンターを通して、都合のよい時に直接契約することができます。通常、代理店を通さないため、その分、保険料が割安で、またリスク細分型自動車保険が中心であるため、保険料が割引きになるケースが多いです。

実際にダイレクト系保険会社と契約する時には、補償内容や保険料だけでなく、事故時の対応や付加サービスなども含めて、トータルで自分に合った保険会社を選ぶようにしましょう。なお、これらの保険会社の場合、インターネットの専用ページで、契約内容の確認や継続の手続きが簡単にできるところが多いので、保険の管理については結構利便性が高いと言えます。