リスク細分型自動車保険とは何か?

リスク細分型自動車保険は、年齢や性別、地域、使用目的、走行距離といったリスクをより細かく区分し、それぞれのリスクに応じて保険料に格差をつける自動車保険です。これは、リスクの少ない契約者には保険料を安く、リスクの高い契約者には保険料を高くするという仕組みのため、非常に合理的と言えます。

現在、リスク細分型自動車保険は、保険の自由化の進展やインターネットの普及などにより、日本において、ごく一般的なものになっています。

リスク細分型自動車保険の9つのリスク要因

リスク細分型自動車保険の「リスク細分項目」は、保険会社によって、採用している項目に違いがあります。この項目については、保険業法施行規則によれば、年齢、性別、運転歴、使用目的、使用状況、車種、安全装備、所有台数、地域の9つがあり、これを元に、保険料に格差をつけてもよいことになっています。

年齢 担保年齢、料率格差は3倍以内
性別 男女による違い、格差は1.5倍以内
運転歴 等級、免許の色
使用目的 日常・レジャー、通勤・通学、業務
使用状況 使用頻度、年間走行距離
自動車の車種 タイプ、排気量、グレード
安全装置の有無 エアバッグ、ABS、衝突安全ボディ・・・
所有台数 1台、複数台数
地域 全国7地域、料率格差は1.5倍以内

リスク細分型自動車保険の特色

リスク細分型自動車保険は、CMや広告などを見ると、一見誰でも安くなるようなイメージがありますが、実際に安くなるのはリスクの少ない方だけです。リスクの少ない方にとっては、30%や40%といった大幅な保険料ダウンが可能になることもありますが、逆にリスクの高い方にとっては、これまで以上に保険料がアップすることもあります。

一般にリスク細分型自動車保険は、保険会社によって「リスクの設定方法」や「リスクの評価方法」が異なるため、保険料に大きな差が出るようになっています。そのため、保険会社のサイトでオンライン見積もりを取ったり、また一括見積もりサイトで複数会社の見積もりを取ったりして、保険料の比較をするのがよいでしょう。

なお、リスク細分型自動車保険の質問項目については、自己申告制ですので、正しい告知を行ってください。もし告知内容に誤りがあると、後でトラブルになったり、また十分な補償を受けられなくなることがありますので。