ドライバー保険とは何か?

ドライバー保険は、正式名称を「自動車運転者損害賠償責任保険」と言い、運転免許証を持っていても、自分の自動車(クルマ)を所有していない人のための保険をいいます。これは、他人のクルマを借りて運転し、事故にあった時に備えるもので、運転免許証を持つ人であれば誰でも加入できます。また、自分のクルマを所有し、自動車保険(任意保険)に加入している場合は、通常、他車運転危険補償特約が付帯されているので、他人のクルマを運転し、事故を起こしても補償(カバー)されます。

一般にドライバー保険の補償内容は、対人賠償保険、対物賠償保険、搭乗者傷害保険などから構成され、また年齢条件は、21歳以上か21歳未満の2パターンで設定されていることが多いです(契約期間は1年)。なお、本当にたまにしか他人のクルマを借りて運転しない人に対しては、1日単位で短期に契約できる保険もあるので検討してみるとよいでしょう。

ドライバー保険の対象車種

ドライバー保険は、レンタカーを含む、以下の借用自動車が対象となります。

・自家用普通乗用車
・自家用小型乗用車
・自家用軽四乗用車
・自家用小型貨物車
・自家用軽四輪貨物車
・自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)
・自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン超2トン以下)
・特種用途自動車(キャンピング車)
・二輪自動車、原動機付き自転車

ドライバー保険の注意点

ドライバー保険の利用にあたっては、以下のような点にご注意ください。

記名被保険者やその配偶者、同居の親族が所有する自動車、あるいは記名被保険者本人が役員になっている法人が所有する自動車は、ドライバー保険の対象外である。
被保険者の使用者の業務のため、その使用者が所有する自動車は、ドライバー保険の対象外である。
・ドライバー保険も自動車保険と同様、ノンフリート割引があるため、事故がなければ割引は進んでいくが、自分のクルマを所有し自動車保険に加入することになった場合、通常、その割引を自動車保険に引き継ぐことはできない。

※レンタカーを借りた場合、その料金には、自動車事故を起こした時に基本的な補償を受けるための保険料が予め含まれているため、事前に自動車保険に入っておく必要はない。(詳細な補償内容は、レンタカー会社により異なるが、対人無制限、対物1000万円、搭乗者傷害保険1000万円、車両補償は時価額までといった補償内容であることが多い)