1日自動車保険とは何か?

1日自動車保険は、1日単位で短い期間だけ契約できる短期自動車保険をいいます。これは、原則として、クルマを運転する当日に保険を契約・発効できるもので、携帯電話やコンビニで気軽に申込め、また基本保険料は1日500円からなど安く、例えば、5日間加入するには、1日単位の保険に5回入ることになります。

一般に1日自動車保険は、補償内容が予め決まったパッケージ型で、運転中に他人を死亡させたり、ケガをさせたりした場合の対人賠償と、他人のクルマや建物などを壊してしまった場合の対物賠償は無制限で、また自分や同乗者のケガなどへの備えとして、搭乗者傷害特約と自損事故特約が付いているものが多いです。

なお、自分が保有するクルマの修理費用などに充てる車両保険を付ける場合には、保険会社に事前登録が必要なものもあるので注意が必要です。

1日自動車保険の利用ケース

1日自動車保険は、ちょっと運転する際のリスクを手軽で安くカバー(補償を確保)できるので、例えば、以下のようなケースに利用すると便利です(本人が保険対象外の場合)。

・帰省した実家のクルマをちょっと運転するなど、自分や配偶者以外の名義のクルマを運転する場合に利用する。
・友人や知人のクルマで自動車旅行や遠出をする際に、交代しながら運転する場合に利用する。
・自動車保険は親の年齢に設定した方が安いため、たまにしか乗らない子どもが運転する場合に利用する(トータルで保険料を減らせる可能性がある)。

1日自動車保険の提供会社

1日自動車保険は、提供会社によって、商品内容や申込方法、保険料に違いがあります。例えば、保険期間の区切り方は、発効当日中(午前0時に執行)と、発効から24時間のところがあり、またリピーター割引を提供しているところもあります。

・東京海上日動火災保険:ちょいのり保険
・三井住友海上火災保険:1DAY保険
・あいおいニッセイ同和損害保険:ワンデーサポーター