対人賠償保険とは何か?

対人賠償保険は、「対人賠償責任保険」とも呼ばれ、自動車事故により、他人をケガさせたり死亡させたりして、法律上の損害賠償責任を負った場合に、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)でカバーできない部分について保険金が支払われる保険をいいます。これは、自動車保険(任意保険)を考える場合に、「対物賠償保険」と並んで、まず優先的に考えることが必要です。

一般に対人賠償保険では、1回の事故で複数の被害者がいる時は、それぞれの被害者に対して契約している保険金額を限度として保険金が支払われます。なお、保険金額(補償額)については、死亡や高度障害にいたる深刻なケースでは、1億円や2億円といった高額な損害賠償請求も決して珍しくないので、「無制限」で掛けることが基本となっています。

対人賠償保険の保険金が支払われる対象は?

対人賠償保険の保険金が支払われる対象は、他人のケガや後遺障害、死亡に対する損害賠償(治療費、慰謝料、休業損害補償など)についてです。

・自分や家族は対象外である
・助手席や後部座席に座った友人や知人は対象である

対人賠償保険の支払われる金額は?

対人賠償保険の保険金額は、契約時に無制限まで設定可能です。

・自賠責保険で支払われた分の不足額が支払われる

対人賠償保険の加入ポイントは?

最悪の事態を考えた場合、対人賠償保険の保険金額は「無制限」に設定するのが安心と言えます。