対物賠償保険とは何か?

対物賠償保険は、「対物賠償責任保険」とも呼ばれ、自動車事故により、他人のクルマや建物などの「モノ」に損害を与え、法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金が支払われる保険をいいます。これは、自動車保険(任意保険)を考える場合に、「対人賠償保険」と並んで、まず優先的に考えることが必要です。

一般に対物賠償保険の保険金額(補償額)については、2,000万円ぐらいあれば十分と言われていますが、一方で事故の種類によっては、それを大きく超えるものもありますので、心配な方は「無制限」でかけるのがよいでしょう。

対物賠償保険の保険金が支払われる対象は?

対物賠償保険の保険金が支払われる対象は、他人のモノ(クルマ、建物、塀、ペット、ガードレール、電柱…)に対する損害賠償についてです。

・間接的な損害(休業損害や営業損失)も対象である
・自分や家族のモノは対象外である

対物賠償保険の高額賠償となりうる事故は?

万一の自動車事故において、特に下記のような事故は高額賠償の可能性があるので、十分にご注意ください。

・超高級車や特殊車両との衝突事故
・バスなどの営業車両との衝突事故
・踏切内での電車との衝突事故
・コンビニや店舗などへの突入事故

対物賠償保険の加入ポイントは?

対物賠償保険の保険金額は、2,000万円程度を目安に、また心配であれば無制限にかけるとよいです。