搭乗者傷害保険とは何か?

搭乗者傷害保険は、保険を契約したクルマに乗っている人(搭乗者)が自動車事故で死傷した場合に、保険金が支払われる保険をいいます。また、搭乗者については、運転者や同乗者(助手席の人、後部座席の人)など、クルマに正常な状態で乗っている人が対象となります。

一般に搭乗者傷害保険は、「急激かつ偶然な外来の事故」であれば、ほとんどのケースで、過失割合や他の保険からの給付、また事故相手からの賠償金などに関わらず、保険金が支払われます。例えば、自分に過失が全くない事故で相手から100%の補償を受けられる場合、自分の保険を使わなくてもよいと思う人は多いのですが、搭乗者傷害保険の保険金は貰えるのでしっかりと請求しましょう。

というのは、搭乗者傷害保険は、人身傷害補償保険や弁護士費用特約、ファミリーバイク特約などと同様、保険を使っても、等級に影響を及ぼさない仕組みになっているからです。これについては、結構知らない人がいるので、ちょっと覚えておきましょう。

搭乗者傷害保険の保険金が支払われる対象は?

搭乗者傷害保険の保険金が支払われる対象は、クルマの搭乗者のケガや後遺障害、死亡などの補償についてです。

搭乗者傷害保険の医療保険金の支払い

搭乗者傷害保険の医療保険金の支払いでは、「日数払」または「部位・症状別払」のいずれかの保険タイプを選択することができます。(保険料は、日数払よりも部位症状別払の方が若干割安)

・日数払:一日当りの金額×所定日数
・部位・症状別払:ケガをした箇所と症状で所定金額を支払い

搭乗者傷害保険の具体的な支払い内容は?

搭乗者傷害保険では、身体のダメージによって、以下のものが支払われます。

・死亡保険金
・後遺障害保険金
・重度後遺障害保険金
・医療保険金特約(日額払いor部位症状別払い)
・シートベルト装着者特別保険金 他

搭乗者傷害保険の加入ポイントは?

搭乗者傷害保険を取り外せる自動車保険の場合、人身傷害補償保険に加入していれば、補償内容が重複するので省いてもよいです。