無保険車傷害保険とは何か?

無保険車傷害保険は、事故相手のクルマに対人賠償保険が付いていないなど、賠償資力が十分でない自動車事故で死亡または所定の後遺障害が認定された場合に、運転者や同乗車に対して保険金が支払われる保険をいいます。これは、各保険会社が出している完全補償タイプのセット保険を契約すれば自動的に付いてきます。また、保険金額については、自分の契約している対人賠償保険と同じ金額で、無制限で加入している場合には2億円が上限となります。

一般に無保険車傷害保険では、自動車事故において、相手に損害賠償を請求できるにもかかわらず、無保険車のために十分な補償が受けられない場合に保険金が支払われため、イザという時にとても頼りになる保険と言えます。

無保険車傷害保険の保険金が支払われる対象は?

無保険車傷害保険の保険金が支払われる対象は、無保険車との事故による搭乗者(運転者、同乗者)の死亡や後遺障害の補償についてです。

無保険車傷害保険の無保険車とは?

無保険車傷害保険で「無保険車」と言った場合、以下のケースがあります。

・対人賠償保険が付いていない車
・対人賠償保険は付いているが、契約違反で保険金がおりない車
・対人賠償保険は付いているが、保険金額が損害賠償に足りない車
・ひき逃げなどで加害者が特定できない車

無保険車傷害保険の保険金額は?

無保険車傷害保険の保険金額は、対人賠償保険と同じ金額で、無制限で加入している場合は2億円が上限となります。

無保険車傷害保険の加入ポイントは?

無保険車傷害保険は、各保険会社が出している完全補償タイプのセット保険を契約すれば、自動的にセットされます。