人身傷害補償保険とは何か?

人身傷害補償保険は、「人身傷害保険」とも呼ばれ、被保険者(契約者や家族など)が自動車事故でケガをしたり死亡したりした時に、過失割合の大きさに関係なく、契約した保険金額を限度に100%保険金が支払われる保険をいいます。これは、保険の自由化と共に身近になった新しい商品で、各保険会社から「完全補償タイプ」といった名称で、セット(もしくは特約)にして販売されています。

一般に自動車事故で、ケガをしたり死亡したりしても、運転者に過失がある場合には、その過失割合に応じて、保険金額が減額されてしまいます。しかし、人身傷害補償保険では、本来ならば加害者から受け取るべき補償も含めて、どのような事故でも、ケガによる治療費・休業補償・慰謝料等の保険金を契約した保険金額を限度に、自分の契約した保険会社から100%受け取れます。また、通常は、相手方との示談が成立してからでないと保険金を受け取れませんが、この保険では、契約している保険会社の支払い基準にしたがって、示談の結果を待たずに保険金をすぐに受け取れます。

さらに、人身傷害補償保険の受け取りだけの場合は、ノーカウント事故になるので、次回継続時の等級ダウンや等級の据え置きもありません。そのため、運転者や家族の自動車事故の際の補償を確保する上で、この保険は非常に有効と言えます。なお、保険料については、十分な安心が得られる分、少し高めになっています。

人身傷害補償保険の保険金が支払われる対象は?

人身傷害補償保険の保険金が支払われる対象は、自分や家族などのケガや後遺障害、死亡などの補償についてです。

人身傷害補償保険の補償内容は?

人身傷害補償保険では、過失割合に関係なく、契約した保険金額を限度に100%補償されます。