車両保険とは何か?

車両保険は、自分のクルマが偶然の事故や災害、盗難などによって損害を受けた場合に、修理代などの保険金が支払われる保険をいいます。これは、7つある自動車保険(任意保険)の中で、実際に使う(請求する)可能性が一番高いのではないでしょうか?

一般に車両保険の保険金額については、契約するクルマの年代や価格、種類など「時価」をもとに決定されるので、保険料の面でほとんど調整することはできません。しかし、カバーする補償範囲や免責金額については、自由に設定することができるので、保険料の面で調整することができます。具体的には、カバーする補償範囲を狭くすれば、その分リスクが大きくなるので保険料は安くなり、また免責金額を高くすれば、その分自己負担が大きくなるので保険料は安くなります。

通常、車両保険は、自分の運転技術やクルマの価値、周辺の環境など、人によって状況が大きく異なるので、自分にあった「カバー範囲」や「免責金額」を設定することが大切と言えます。

車両保険の保険金が支払われる対象は?

車両保険の保険金が支払われる対象は、自分のクルマの損害(破損、喪失など)の補償についてです。

車両保険を使う具体的なケースは?

実際に車両保険を使う場面はいろいろとあり、例えば、以下のようなケースが挙げられます。

・車庫入れに失敗してぶつけてしまった
・ガードレールにすってしまった
・他のクルマと衝突して大破してしまった
・当て逃げされて大きなキズができた
・クルマが盗まれてしまった

車両保険の契約形式(補償範囲)は?

車両保険の契約形式(補償範囲)は、大きく分けて3つの種類があり、保険料が高い順番に、
(1)一般車両保険
(2)エコノミー+A特約車両保険
(3)エコノミー車両保険
となります。

カバー範囲 他車との衝突・追突・接触 台風・洪水・高潮 盗難 落書き 火災・爆発 当て逃げ 自損事故
一般車両保険
エコノミー+A特約車両保険 × ×
エコノミー車両保険 × × × × × ×