自動車事故で対人賠償に備えるには?

自動車事故(交通事故)において、一番避けたいのは、他人にケガをさせたり、死亡させたりすることではないでしょうか? クルマに乗る以上、対人賠償のリスクをゼロにすることは不可能なので、万一の場合に備えて、自動車保険(任意保険)で対応しておくことが必要になります。この対人賠償に備えるものが、任意保険の中の「対人賠償保険」です。

一般に対人賠償保険とは、自動車事故で他人にケガをさせたり死亡させたりして、法律上の損害賠償請求を受けた時に保険金が支払われるものです。現在、対人賠償では、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)から、死亡の場合で3,000万、後遺障害で最高4,000万円、傷害(ケガ)で最高120万円の保険金が支払われますが、事故によっては自賠責保険だけではカバーできないことが多く、対人賠償保険で十分な賠償資力を確保しておくことが必要になります。

特に相手(被害者)が死亡したり、高度の障害が残ったりするような場合には、1億円や2億円といった高額な損害賠償請求も決して珍しくありません。また、被害者やその遺族に対して、社会的な道義上の責任(金銭面での出来る限りの補償)を果たすためにも、対人賠償保険は「無制限」で掛けておくことが基本と言えます。

なお、対人賠償保険の保険金額については、「2億円」と「無制限」ではあまり保険料に差がなく、もし2億円以上の補償を確保したい時は「無制限」となるので、迷わずに「無制限」で加入するようにしましょう。

対人賠償のリスクは?

事故による他人のケガや死亡に対する損害賠償

対人賠償の対象となる人は?

自分以外の他人
(契約者の配偶者や子供、同居の親族は含まない)

対人賠償をカバーする保険は?

自賠責保険(強制保険)と対人賠償保険(任意保険)

対人賠償保険の保険金額は?

できれば「無制限」がベスト

対人賠償保険の保険支払額は?

保険支払額=損害賠償請求額-自賠責保険の保険金