自動車事故で対物賠償に備えるには?

自動車事故(交通事故)において、人身事故と同じくらい避けたいのは、他人の「モノ」に損害を与えることではないでしょうか? この事故については、深刻な場合、モノだけではなく、ヒトをも巻き込み、死傷させることがあるので十分に注意しましょう。

一般に対物賠償に備えるものが、自動車保険(任意保険)の中の「対物賠償保険」で、自動車事故で他人のモノを壊すことにより、法律上の損害賠償請求を受けた時に保険金が支払われます。現在、対物賠償の対象となる「モノ」については、他人(事故の被害者)のクルマや所持品、建物、ガードレール、電柱など、自分のクルマによって損害(破損、汚損、滅失)を与えた全てとなります。また、損害賠償については、壊したモノだけではなく、事故によって生じた間接的な損害(休業損害、営業損失など)についても対象となります。

よく、対物賠償の保険金額については、2,000万円程度あれば十分と言われていますが、事故の種類によっては、2,000万円では足りなくなるケースもあるので、想定されるリスクの大きさは十分に認識しておきましょう。例えば、踏切内で電車に衝突したケース、コンビニに突っ込んで店舗を壊したケース、超高級車にぶつかってクルマを大破させたケースなどは、2,000万円を大きく超えた損害賠償請求になることもあるのでご注意ください。

以上のことを踏まえ、契約時の保険金額については、2,000万円程度を目途にし、さらに万全を期すのであれば「無制限」でかけておくのがよいでしょう。

対物賠償のリスク

事故による他人のモノを壊したことに対する損害賠償

対物賠償の対象は?

自分のクルマが壊したモノ+それによる間接的な損害
(配偶者、子供、同居親族のモノは含まない)

対物賠償をカバーする保険は?

対物賠償保険(任意保険)

対物賠償保険の保険金額は?

2,000万円程度を目途に。万全を期すのであれば「無制限」に