自動車事故で搭乗者の補償を確保するには?

自動車保険(任意保険)において、「対人賠償」と「対物賠償」をまず優先的に確保することが大切ですが、同時に「自分や家族の補償」もしっかりと確保することが大切です。万一の場合、クルマの搭乗者(運転者、同乗者)については、自分や家族以外であれば、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)や対人賠償保険で補償を十分に確保することができますが、自分や家族については、通常の自動車保険(搭乗者傷害保険、自損事故保険)では不十分な場合もあります。

通常の自動車保険(搭乗者傷害保険、自損事故保険)では、交差点での衝突、自分の不注意による追突、カードレールや中央分離帯への衝突など、自分(運転者)に大きな過失のある自動車事故の場合、十分な補償を受けらないことがあります。もし事故の相手がいるケースであれば、本人の過失割合に応じて保険金が減額されてしまうため、損害額に対して100%の保険金を受け取ることができません。また、事故の相手がいないケースであれば、本人の過失割合が100%になるため、通常の自動車保険だけでは十分な補償を確保することができません。

一般に自動車事故による自分や家族の補償については、いざ現実として直面した場合、結構深刻になりますので、しっかりと確保することが大切です。この補償については、保険の自由化以降、身近になった「人身傷害補償保険」が最適だと言えます。人身傷害補償保険では、過失割合に関係なく、ケガによる治療費・休業補償・慰謝料等の損害を契約した保険金額を限度に100%、自分の契約した保険会社から保険金として受け取れるのでとても安心です。

よく、自動車保険では、自分や家族の十分な補償は見落としがちですので、忘れずにしっかりと確保(準備)するようにしましょう。

自分や家族のケガや死亡の補償を確保するには?

通常の自動車保険では → 搭乗者傷害保険、自損事故保険
十分に安心を確保するには → 人身傷害補償保険

人身傷害補償保険の補償内容は?

契約した保険金額を限度に100%補償