物件交通事故(物件事故)

【読み方:ぶっけんこうつうじこ、分類:自動車事故】

物件事故は、正式には「物件交通事故」と呼ばれ、主に警察等で使われる用語で、クルマの運転中に自動車や建物などの「モノ」に損害が生じる交通事故のことをいいます(一般には「物損事故」と呼ばれる)。これに対して、クルマの運転中に他人を死傷させる交通事故のことを「人身事故」と言います。

一般に交通事故により、自動車保険の保険金を請求する際には、警察が交通事故を取り扱った事実を証明する「交通事故証明書」が必要となり、これは交通事故の発生を管轄の警察に届け出た後、自動車安全運転センターに申請することによって発行されます。