フリート契約

【読み方:ふりーとけいやく、分類:契約】

フリート契約は、自動車保険において、保険契約者自身が所有し、かつ使用するクルマの保険の契約台数が10台以上ある場合の契約をいいます。これに対して、9台以下の場合の契約を「ノンフリート契約」と言います。また、フリート(fleet)とは、本来、艦隊や船団を意味する言葉ですが、保有する船や飛行機、自動車といった意味もあります。

一般に自動車保険の契約では、フリート契約かノンフリート契約かによって、保険の割引や割増率が違ってきます。また、保険の総付保台数が10台に達した日に有効なノンフリート契約は、そのまま満期まで継続することも、中途でフリート契約に変更することも可能となっています(現契約をフリート契約者基本保険料に変更する場合は、中途更改を行なうことになる)。

なお、フリート契約では、家族限定などの運転者に関する特約やファミリーバイク特約などの付帯はできませんが、10台に達した日に中途更改を行なわず、現存のノンフリート契約を満期まで継続する場合には、これらの特約を削除する必要はありません。

フリート契約者

フリート契約者とは、保険契約者自身が所有し、かつ使用するクルマの自動車保険の契約台数が10台以上ある場合の契約者をいいます。なお、所有し、かつ使用するクルマには、保険契約者自身が使用する以下のようなものも含まれます。

・1年以上のリース契約により借り入れたリースカー
・所有権留保条項付売買契約により購入した自動車
・国または地方公共団体から借り入れた自動車 など

フリート契約とノンフリート契約

フリート契約は、法人などの業務用車両を多数保有する場合の契約において一般的であり、個人の場合は基本的にノンフリート契約になります。また、自動車保険が本社・支店・工場毎に付保されていても、合計すると10台以上となる場合や、複数の保険会社に付保されていても、合計すると10台以上となる場合はフリート契約者となります。

通常、自動車保険では、そのクルマが事故を起こす可能性の高低により、保険料に違いを設けており、その仕組みとして、ノンフリート契約では被保険自動車1台単位の事故件数によって危険の測定が行なわれるのに対して、フリート契約では契約者全体の保険成績によって判定されます。

フリート契約の主なメリット

・顧客の事故防止活動などによるリスク実態が保険料に反映
・増車などで新規に契約する自動車にも、顧客毎に決定されている割引率が適用
・どのような年齢の人が運転しても保険料は同じ
・車検や点検、修理中に借り入れる代車も補償の対象
・スーパーフリート(全車両一括契約方式)の契約が可能