被害者請求

【読み方:ひがいしゃせいきゅう、分類:手続き】

被害者請求は、自動車保険の自賠責保険において、事故の加害者が支払いを怠ったり、過失を認めていない場合などに、事故の被害者が相手側が加入している保険会社に損害賠償額の支払いを直接請求することをいいます。また、自賠責保険とは、「自動車損害賠償責任保険」の略で、自動車損害賠償保障法に基づいて、公道を走るすべてのクルマやバイクに加入が義務づけられている強制保険で、その賠償金の最高限度は1事故1名につき、死亡3,000万円、重度の後遺障害4,000万円、傷害120万円と定められています。

一方で、被害者請求に対して、事故の加害者(被保険者)がまず被害者に損害賠償金を支払った上で、領収書やその他必要書類を添えて自分が加入する保険会社に保険金を請求することを「加害者請求」と言います。通常、自賠責保険では、保険の請求は、事故の加害者が支払いを行った後に保険会社に請求するのが一般的なため、事故の被害者が保険会社に直接請求することはほとんどありません(被害者請求は非常に稀なケース)。なお、被害者請求ができるのは、事故の損害や加害者を知った時から2年間となっています。