自動車安全運転センター

【読み方:じどうしゃあんぜんうんてんせんたー、分類:自動車事故】

自動車安全運転センターは、警察庁所管の特別民間法人をいいます(所管する担当部局課は、警察庁交通局交通企画課)。これは、1975年に「自動車安全運転センター法」に基づいて設立され、現在、安全運転研修の実施や累積点数の通知、運転経歴の証明、交通事故の証明、安全運転の調査研究などの事業(業務)を行っています。

なお、本部所在地は東京都千代田区で、また各地の運転免許試験場(相当施設)に支部を持っています。

●事業の目的

道路の交通に起因する障害の防止及び運転免許を受けた者等の利便の増進に資すること。

●主な業務

・安全運転の研修(安全運転中央研修所)
・交通安全教育の実施
・交通事故の証明(交通事故証明書の発行)
・運転経歴の証明(運転者の求めに応じて発行)
・安全運転の印として「SDカード」の発行
・累積点数の通知
・安全運転に関する調査研究の実施 他