用途・車種

【読み方:ようとしゃしゅ、分類:クルマ】

用途・車種は、自動車保険の保険料を算出するための要素の一つで、自動車の使用形態の区分(自家用、営業用等)と、自動車の種類の区分(普通乗用車、小型乗用車、小型貨物車、小型ダンプカー、バス等)のことをいいます。これは、ナンバープレート(登録番号標または車両番号標)上の分類番号や色などに基づき、保険会社が定めた、自家用普通乗用車や自家用小型乗用車、自家用軽四輪乗用車、自家用軽四輪貨物車、自家用小型貨物車などの区分を意味します。

なお、用途・車種の情報については、自動車検査証(車検証)の「自動車の種別」「用途」欄、もしくは保険証券の中の被保険自動車の「車種」欄に記載されています。